情報を捉えて使いこなす力。将来のキャリアに生かせる学び。

新しい技術やサービスに、市場はどう反応するだろうか。ひとつのニュースが、グローバルなビジネスを理解するヒントになるかも。

さまざまなデータの意味を捉え、それを活用する能力。問題を捉え、解決へと導く力。
ビジネスの現場での「基礎力」となる、知識とスキルを段階的に身につけます。


「学科共通科目」は、幅広い分野で生かせる情報リテラシー(情報を的確・適切に使いこなす能力)とデータの活用力、そして「問題解決力」を高めるための科目群です。ICTは快適で便利な暮らしと、効率的なビジネスを支えています。
そしてさまざまな情報端末やサービスを連携させ、多くのデータを集めて活用する技術は、現代ビジネスの重要な基盤のひとつとなっています。こうした背景や情報リテラシーを初歩から学び、統計やデータベースの利用や高度なデータ活用へとステップアップ。ビッグデータの解析などデータサイエンス分野の知識も組み合わせれば、データを分析し、その結果をビジネスに利用するスキルになります。
また、目標・目的を設定し、その達成を妨げている問題を的確に捉え、それを解決するための適切な手段を考える「問題解決力」もまた、ビジネスの基礎となるものです。
こうした学びを通して身につく知識とスキルをもとにして、データサイエンティストなど、データ活用のスペシャリストを目指すことができます。また「ITパスポート試験」や「情報セキュリティマネジメント」「基本情報技術者」といった関連資格のほか、本学科では教職課程の履修により、高等学校教諭一種免許状(情報)を取得することが可能です。

データサイエンスを専門的に学べます


デジタル社会で蓄積された膨大なデータを分析して新しい価値を生み出すデータサイエンスやA I(人工知能)について、基礎的な知識や技術を入門から応用まで学べる科目を開講しています。

Student Interview

レベルに合った英語学修で
TOEIC®への挑戦も楽しみに。


高校よりも授業時間が長いので、集中して取り組めるかはじめは不安でした。でも実際の授業は英語を聞く・話す・読む・書くという4つの技能をフルに使って学んでいく内容で、楽しみながらスキルアップし、自信を持つことができました。質問にもていねいに答えてもらえるので、きちんと理解しながら学修が進められています。資格取得に向けてはTOEIC Bridge®が気軽に受けられ、現在の実力とTOEIC®での目標を確認するのに役立ちました。

PCのスキルをさらに伸ばし、
資格取得で客観的な評価に。


入学前からオフィスソフトの使い方には慣れていましたが、授業ではさらにそのスキルを高めていくことができました。今後はMOSや「基本情報技術者試験」合格を目指していきたいと考えています。またプログラミングの授業ではPythonを基礎から学び、これまで使っていなかった新しいプログラミング言語での作品制作に挑戦中。以前から勉強していたJavaについて、今後さらに深く学んでいけることも楽しみにしています。