情報を捉えて使いこなす力。将来のキャリアにいかせる学び。

新しい技術やサービスに、市場はどう反応するだろうか。ひとつのニュースが、グローバルなビジネスを理解するヒントになるかも。

さまざまなデータの意味を捉え、それを活用する能力。問題を捉え、解決へと導く力。
ビジネスの現場での「基礎力」となる、知識とスキルを段階的に身につけます。


「学科共通科目」は、幅広い分野でいかせる情報リテラシー(情報を的確・適切に使いこなす能力)とデータの活用力、そして「問題解決力」を高めるための科目群です。
ICTは快適で便利な暮らしと、効率的なビジネスを支えています。そしてさまざまな情報端末やサービスを連携させ、多くのデータを集めて活用する技術は、現代ビジネスの重要な基盤のひとつとなっています。
こうした背景や情報リテラシーを初歩から学び、統計やデータベースの利用や高度なデータ活用へとステップアップ。ビッグデータの解析などデータサイエンス分野の知識も組み合わせれば、データを分析し、その結果をビジネスに利用するスキルになります。
また、目標・目的を設定し、その達成を妨げている問題を的確に捉え、それを解決するための適切な手段を考える「問題解決力」もまた、ビジネスの基礎となるものです。
こうした学びを通して身につく知識とスキルをもとにして、データサイエンティストなど、データ活用のスペシャリストを目指すことができます。
また「ITパスポート試験」や「情報セキュリティマネジメント」「基本情報技術者」といった関連資格のほか、本学科では教職課程の履修により、高等学校教諭一種免許状(情報)を取得することが可能です。

Student Interview

レベルに合わせた授業で、英語力をさらに磨いていきたい。

基礎力をしっかり築ける授業が「英語演習」。そして「インテンシブ英語」は少し難易度が高く、興味深いトピックに触れながら学べるのが魅力です。レベル別クラスなので、実力に合った内容で学ぶことができます。留学を目指す仲間と一緒に学ぶことで、互いに高め合う機会になりました。また授業中に書いたレジュメや発表用の原稿には細かな添削が受けられるので、自分の課題が分かりやすく、実力アップに役立てられました。


初めてのプログラミングに挑戦!
基本から学ぶと、おもしろさが分かります。

高校では「情報処理技能検定試験」に挑戦し、表計算2級に合格。パソコンの操作には慣れていたものの、プログラミングは大学での授業が初めてでした。最初は難しくてついていくのがやっとでしたが、プログラミング言語のPythonやロボット制御を試してみるうちに、おもしろさと便利さも味わうことができました。「コミュニケーション学概論」の授業では大学で成長するための学び方・考え方の基礎もよく分かり、その後の授業がさらに楽しみになりました。