最新のICTとプログラミングのスキル。「はじめの一歩」から学んで、「エキスパート」を目指す。

ロボットやAIは、今後さらに注目される技術。プログラミングや情報システムについて学ぶことで、新しい技術をより深く理解できる。

コミュニケーションを支える「ものづくり」と「しくみづくり」のスキル。最新のICTやプログラミングについて学び、
これからの社会に不可欠な「情報システム」への理解を深めます。


スマートフォンは使いこなせるけれど、パソコンは苦手!という人も、ネットサービスやシステム管理に興味があって、プログラミングやアプリ制作にも挑戦したい!という人も、それぞれの志向やレベルに合わせた学びで、ICTとそれを活用したビジネスについての理解を深め、実践的なスキルを身につけます。
このコースでは、コンピュータや情報処理に関する基本的な知識をはじめ、プログラミングやシステム開発、ネットワーク、情報セキュリティなどについて学びます。段階的に知識を深め、資格取得もサポートします。Pythonなどのプログラミング言語やシステム開発について、より専門的に学べる科目も設置しています。
そしてもうひとつ、情報システムを学ぶ上で必要とされるのが「ロジカルシンキング(論理的思考)」のスキル。論理的に考え、課題を発見し解決方法を導く思考法は、その後のアルゴリズムの学修につながり、さらには実社会のさまざまな場面で役立つものです。

Student Interview

完成した時の達成感が大きい!


プログラミングの魅力は、自分で試行錯誤しながら作ることです。エラーなどを直して完成した時の達成感はとても大きいです。プログラムを作成した際に出るエラーの原因を調べて直していくことで、徐々に自分の想定する動きになることが面白いです。研究テーマは「AIを用いた文字解析」で、Pythonを使用してAIを作成し文字の画像などを解析できるようにする研究をしています。

履修モデル


学年

1年次

2年次

3年次

4年次
必修
科目
基礎ゼミナール
情報文化基礎
情報コミュニケーション論
英語演習I・II
アカデミック・スキル演習Ⅰ
情報文化演習
情報文化実習
情報社会と文化
アカデミック・スキル演習II
専門ゼミナール 卒業研究
情報文化キャリア総合
卒業研究
指定
科目
言語と文化
情報社会と法
知的財産権
情報社会と経済
マルチメディア
Webデザイン
グラフィックデザインI
情報処理概論
プログラミング概論
プログラミング基礎
ロジカルシンキング
データサイエンス概論
総合英語Ⅰ・II
情報社会と職業
情報処理応用
データ処理基礎
データベースⅠ・II
統計学概論
Webサイト制作
情報ネットワーク
情報ネットワーク演習
プログラミングⅠ・II
アルゴリズム
情報文化キャリアI
情報文化キャリア特講(初級)
Project-based Presentation
データ処理応用
データサイエンス応用
情報セキュリティ
プログラミングIII・IV
システム設計
システム開発プロジェクト
ネットワークと社会
e-ビジネス
選択
科目
比較文化論
English CommunicationⅠ・II
ICT活用演習
グラフィックデザインII
海外体験研修
英語文学
英語学概論
情報文化キャリア英語
Webアプリ開発
アニメーション制作
コンピュータグラフィックス
ロジスティクスとERP
e-コマースシステム
異文化理解研修
海外研修英語Ⅰ・II
Reading I
Listening & Speaking I
Global Communication
e-マーケティング
情報文化キャリアII
情報文化キャリア特講(上級)
Webサービス開発
3DCG制作
インテンシブ英語A-Ⅰ(TOEIC®)

※「履修モデル」は4年間で計画的に科目を履修するための目安です。