英語で表現する力と、グローバル化する社会で生きる力を身につける。

「英語で学ぶ」から、世界でのコミュニケーション力に。留学生と日本人学生が一緒に学ぶ授業は、異文化に触れ交流する機会にも。

基礎から応用・実践まで、レベルに合わせた英語学修と異文化体験を展開。
「世界の中の日本」と「世界の中の私」を実感しながら学び、グローバルなコミュニケーション力を磨きます。


英語に親しみ、使いこなすための学びで、世界の人たちとのコミュニケーションを支える基礎力をつくります。レベルに合わせてステップアップしながら学んでいけるので、会話を楽しむだけでなく、実践的に活用できる英語力が身につきます。
「比較文化論」や「英語文学」といった科目では、さまざまな文化や習慣、価値観への理解を深めることができます。また「海外体験研修」などでの経験は、生きた英語と海外での生活に触れ、次の成長のきっかけになるでしょう。海外からの留学生との交流も、楽しい体験のひとつです。
国際ニュースからビジネスと世界の動きを学び、英語でのプレゼンテーションスキルが磨ける科目も。こうして世界に向けられたまなざしは、やがて自らが育った国とその文化を再発見し、グローバルに活躍する力の源になるはずです。
TOEIC®や実用英語検定などの資格取得もサポート。海外展開する日本企業や外資系企業の営業職などのほか、中学校・高等学校教諭一種免許状(英語)を取得することも可能です。

Student Interview

英語でのプレゼンテーションで語学力とスキルが向上


授業「Writing & Presentation」「English Communication」ではたくさんプレゼンテーションをする機会があるので、英語能力だけでなく、コミュニケーション能力やプレゼンテーションスキルの向上といった成果を得ることができました。先生は、要点をわかりやすく体系的に教えてくれるので、とても理解しやすいです。
卒業論文の研究テーマは「日本における英語教育の問題」です。日本とスリランカの英語教育を比較し、母国語は英語の学習を妨げるか、英語教師は正しい教授法を採用しているかなど調べ、日本の英語教育を改善する提案をする予定です。

履修モデル

学年

1年次

2年次

3年次

4年次
必修
科目
基礎ゼミナール
情報文化基礎
情報コミュニケーション論
英語演習Ⅰ・II
アカデミック・スキル演習Ⅰ
情報文化実習
情報社会と文化
アカデミック・スキル演習II
専門ゼミナール
情報文化キャリア総合
卒業研究
指定
科目
言語と文化
比較文化論
English Communication I・II
情報社会と法
知的財産権
ICT活用演習
情報社会と経済
マルチメディア
グラフィックデザインI
情報処理概論
プログラミング概論
海外体験研修
データサイエンス概論
英語文学
英語学概論
Reading I・II
Listening & Speaking I・II
情報文化キャリアI
情報文化キャリアII
情報文化キャリア特講(初級)
情報文化キャリア英語
情報社会と職業
情報処理応用
データ処理基礎
ロジスティクスとERP
ネットワークと社会
Global Communication
異文化理解
英語音声学
Writing & PresentationⅠ・II
Project-based Presentation
情報文化キャリア特講(上級)
e-マーケティング
e-ビジネス
インテンシブ英語A-Ⅰ・II(TOEIC®)
選択
科目
プログラミング基礎
Webデザイン
グラフィックデザインII
ロジカルシンキング
異文化理解研修
海外研修英語Ⅰ・II
スカラシップ
データベースI・II
統計学概論
Webサイト制作
Webアプリ開発
アニメーション制作
コンピュータグラフィックス
情報ネットワーク
情報ネットワーク演習
プログラミングI・II
アルゴリズム
語学研修
e-コマースシステム
データ処理応用
3DCG制作
情報セキュリティ
インテンシブ英語A-III・IV(TOEIC®)
長期海外研修

※「履修モデル」は4年間で計画的に科目を履修するための目安です。