成長する力を磨く 基礎・教養教育 成長する力を磨く 基礎・教養教育

POINT01 すべての学生が履修できる共通のカリキュラム(1群) POINT01 すべての学生が履修できる共通のカリキュラム(1群)

江戸川大学の基礎・教養教育は、すべての学生が履修できる共通のカリキュラム(1群)※1で、専門教育を支える基礎学力を育成します。 ※1 一部、こどもコミュニケーション学科を除く

アクティブ・ラーニング・スタジオ

開室中は、いつでも自由に使える自主学習スペースです。一人ひとりのレベルに合った学習を、基礎・教養教育センターの専任教員やS A(スチューデントアシスタント)がサポートしています。
授業の復習や課題についてはもちろん、パソコンの指導やイングリッシュ・カフェの開催、そしてI Tパスポート試験、マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)、TOEIC®、日本語検定などの資格取得に向けたサポートも行っています。

POINT02 大学での専門的な学びに必要な技術・能力を身につける POINT02 大学での専門的な学びに必要な技術・能力を身につける

1群科目は3つの領域(基幹科目群、人間力向上科目群、就職・資格科目群)からなり、大学生としても社会人としても必要な基礎的な知識・技法や教養を培います。

基幹科目群

アカデミック・スキル演習」を中心に、本学の教育使命である国際化・情報化に対応する人材の養成のための科目のほか、基礎学問などの科目を設置しています。

人間力向上科目群

本学の教育理念「人間陶冶(とうや)」の具体的な活動の場として、学生が自ら地域に関わる活動ができる「地域ボランティアプログラム」という科目を設置しています。

就職・資格科目群

自立した社会人になるためのキャリア教育や、中学校・高等学校教諭一種免許状や学芸員など専門分野での就職に欠かせない資格を取得するための科目を設置しています。

POINT03 社会で通用する基礎力を身につける POINT03 社会で通用する基礎力を身につける

全学生の必修科目である「アカデミック・スキル演習」※2では日本語や情報のリテラシー教育を行い、大学での専門的な学習や研究に取り組む技術・能力を身につけます。 ※2 同科目は、こどもコミュニケーション学科では「情報リテラシーI」「情報リテラシーII」「ことばと表現(書きことば)」「ことばと表現(話しことば)」が該当します。

「アカデミック・スキル」とは、大学での専門的な学習・研究に取り組むための、技術・能力のこと。その力は、どんな専門分野でも、そして社会人になっても、皆さんを助けてくれる基礎力です。このスキルが身につけられる科目が「アカデミック・スキル演習」です。

「アカデミック・スキル演習」で身につく、ふたつの基礎力 「アカデミック・スキル演習」で身につく、ふたつの基礎力

日本語リテラシー

いくつかの文章の連なりの中から、意味・内容のつながり(文脈)を読み取る能力です。資料や物語の文章が説明している内容や、話している相手の細やかな意図を、しっかりと理解するのに役立ちます。

情報リテラシー

「パソコンを操作する・ソフトを使いこなす」「調査から得られた情報を、適切に使う」ための能力です。学習・研究ではもちろん、レポートの作成や、学習成果の発表、グループワークなど、さまざまな場面で活用できます。

アカデミック・スキル演習」では、これから何を学ぶのか、どこまで身につけられたのかを「見える化」するしくみを取り入れています。学習内容は小さなステップ(項目)に分けられていて、ステップごとに課題をクリアしていきます。だから、自分の成長を確かめながら、着実に学んでいくことができます。苦手なところがあっても大丈夫。「アクティブ・ラーニング・スタジオ」で、しっかりサポートしています。

(2021.4.1現在)

戻る